ショートパットの時に気をつけていること

先日、ベストスコアを更新した時、特別パットが良かった訳ではなかったですが
1m位のショートパットは落とさずに、ちゃんとカップインをさせることができていました。

短い距離は外してはいけないというプレッシャーとの戦い。
ついつい力が変なときに入り、方向を誤ってしまうこともしばしば。

この日、ショートパットを打つ時は以下の3つのことを
気をつけるようにしました。


1.体を小さくする(脇を閉めて、いつものパットのフォームより小さくなるようにイメージする)
2.テイクバックを極わずかにする
3.フォローをカップに向けて長めにする

特に1番が重要。
イメージするだけで体が小さくしか動かないため、安定してカップに向けて
打つことができました。

自分の備忘録として。

【その他のゴルフお勧め情報】
・シンプルなゴルフをマスターしたい方はこちらへ
・少しでも早くスコアを縮めたい方はこちら
・パッティングが上手くなりたい方はこちらへ

【ランキング参加中 良かったらクリックしてください!】
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
2014年4月15日時点で男性ゴルファー第3位!
皆様からのクリックが順位を上げます。
ぜひクリックして頂けたら嬉しいです。
Golf Road to Singleの最新の順位はこちらから。


2014年4月15日時点で第29位
伸びてきました。ぜひクリックを!!
Golf Road to Singleの最新の順位はこちらから。


ショートパットの時に気をつけていること」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ゴルフ上達方法の共有 2014年4月の記事アクセスランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>