ライザップゴルフ六本木

ライザップゴルフ六本木 料金とレッスン開始前の実力テスト体験

先日入会することを決めたライザップゴルフ。
※ライザップゴルフ無料カウンセリングの様子はこちら

本日は電話で入会の意志を伝えから初めての訪問になりました。

無料カウンセリング時はスケジュールの都合上三田店に行ったのですが、職場や家の都合上、実際に通うのは六本木店にしました。

ライザップゴルフ六本木入り口1

ライザップゴルフ六本木入り口1


ライザップゴルフ六本木入り口2

ライザップゴルフ六本木入り口2

なんとなく、三田店の方が高級感があったなぁ、などと思いながら扉をあけ中に入ります。
中は土足厳禁となっており、すぐスリッパに履き替えです。

中に入ってすぐ

右側にスリッパ

まだ正式な入会手続きが完了していないため、初めに契約関連の説明です。

広告とかWEBとかみていると、2ヶ月 298,000円〜 みたいに書いてあると思うのですが、
ライザップゴルフ料金

実際の見積もりはこちら。

実際のライザップゴルフの料金

実際のライザップゴルフの料金

入会金50,000円と消費税が追加され、2ヶ月で375,840円に。
ほとんど、40万円だなぁ。恐るべしは消費税。恐るべしは小さく書いてある入会金。
※ちなみに、この入会金はライザップグループへの入会金です。
ほかにもある、ライザップダイエット
ライザップイングリッシュにも入会する場合は払う必要がなくなります。

また、結果にコミットのライザップでは、30日間全額返金保証がありますが、こちらを申請する場合、現時点では全てのライザップサービスへの入会や再入会ができなくなるとの説明もありました。

しかし、嬉しいことにレッスンスタジオが空いていれば、いつでも個人練習に来てもいいそうです。寒い冬にはインドアレッスンは非常に助かります。この2ヶ月は打ちっぱなしに行く時間を減らし、こちらで練習しようと思います。

そんなこんなで契約関連の手続きを済ませて、実際のレッスンスタジオに入りました。

三田店とほぼ同じ充実したレッスンスタジオ。

ライザップ六本木インドアレッスンスタジオ

ライザップ六本木インドアレッスンスタジオ


こちらも同じ

こちらも同じ

お決まりのライザップ水。
そして、なんとトレーニングウェアも貸してくれました。
ライザップ六本木トレーニングウェア
本当に手ぶらでこれるなーと改めて行き届いたサービスに感動しました。

今日はまだレッスン開始ではなく、シミュレーションゴルフを活用した現時点での実力診断の日でした。

今日は用意して頂いたクラブで18ラウンドを回ります。

クラブはオノフ

クラブはオノフ。TaylorMadeはない。

自分の普段使用しているメーカーとは違うため、ちょっと気になったのですが、
「ゴルフは使用しているツールも含めて技術ですからね。自分に合うクラブを探すことも大事です。ライザップではツールの診断も行っています。」
とのことでした。

ちょっぴりゴルフクラブの営業も入ってるなーと思いながらも、「そうですか」と軽く受け流しておきました。

そして、簡単にウォーミングアップをした後に、シミュレーションゴルフとの勝負が始まりました。

前回と同様にあんまりドライバーは飛ばなかったりはしましたが(本当かなぁと非常に不服ではありましたが)、現実のゴルフと違い、いつも平坦な場所でライも難しくなったりしないので、気楽に打っていきました。

すると、Parがでるでる。4m以内でOKもでるため、スコアが簡単に伸びていきました。※前半は40でした。

「なんだ、簡単だなー、これで100切りは余裕でしょうに」、思っていたところ、シミュレーションゴルフならではのトラップが。

なんとシミュレーションゴルフは非常にOBに厳しいことが判明しました。ちょっとフェアウェイから外れる位の(個人的な感覚ですが)ミスショットで次々にOBに。
結局6回位OBをだしてしまい、終わってみれば後半は50、トータル90という結果でした。
Parかトリプルボギーかそれ以上か。そんな出入りの激しいゴルフとなりました。

レッスン前のスコア

レッスン前のスコア


今日はレッスンなどはないため、あとは少しコーチの方と談笑して終了となりました。

少しだけ僕のスイングについて訊くと、
「あなたのスイングはちょっと打ち込み過ぎですね。なので長いクラブだとてんぷら気味になることはないですか?」
とのことでした。

「全てのクラブで同じように振ると教えている教材とかあるかもしれませんが、あれは嘘ですよ。ライ角が違うのだから同じように振っていいわけないじゃないですか。」

なるほど。確かにこれまでの僕はシンプルなゴルフを目指していたので、できるだけ同じようにスイングすることを心がけていました。100切りを目指すレッスンとそれ以上を目指すレッスンでは考え方を変える必要もあるのかなと感じました。(個人的には100切りレベルまでなら、同じスイングでもいい気はしています。)

そしてこの後、本格レッスン開始前の本日で最もハートに火がつくセリフがコーチから飛び出しました。

「あなたのスイングは全然力を発揮できていませんね。7割くらいですよ。」






「なに?!」

普通なら、けなされていると感じ怒りすら覚えることがありそうな言葉でしたが、妙にポテンシャルを褒められた気がしてしまい、なおかつ伸び代しかないのではないかと、不覚にも非常にワクワクしてしまいました。

「まだ飛距離は伸びるということですね?」

「間違いなく伸びますね、20から30Yardは伸びますよ。」





なんと!

「まずは本質的なスイング改造をしていきましょう。スコアだけを追い求めるならアプローチの練習をいっぱいすればいいんですよ。でもせっかく短期集中でやるのだから、将来を見据えた本格的な改善をしていきましょう。ゴルフが変わりますよ。この金額は全然安いと思いますよ。」

この人はなぜ、僕が追い求めていることを知っているのだろう。
そう僕がほしいのはあの次元の違う領域の人たちのスイングと球筋。

俄然やる気になり帰路につきました。

さあ、20年ぶりの部活動的なノリがいよいよ始まります。
次の領域に進むことは果たしてできるのか?!

ライザップゴルフHPはこちらから

その後のライザップゴルフ体験談>>初めての有料レッスン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>