5回目アイキャッチ

ライザップゴルフ 5回目のレッスン ダウンブローとダフリとシャンク

短期集中の16回のレッスンの1/4が終わり、5回目のレッスンへ。はやい。

この日も前回と同じようにダウンブローのレッスンでした。

ウォーミングアップが終わるとコーチから、
「ピッチングでは普段どれくらい飛びますか?」との質問が。

「そうですね、110Yardくらいですね」
「では、今日は130Yard超えを目指しましょう」

なんと!

ダウンブローでちゃんとヒットすればそれくらいはいくとのこと。

はじめはハーフスイング(でも比較的思いっきり)で練習開始。
いつもの宿題のスイングを意識して、スイングします。

するといきなり115Yard!
恐るべしゆっくり素振り。スイングの変化を徐々に体感しています。

しかし、ここから今日もゴルフの難易度の高さを思い知りました。

自分ではナイスショットと思っていたこれまでのクリーンヒットは、実はほとんどがバンスが地面をすべるダフリショットだったことが発覚。
ダウンブローで打とうとしても、どうしてもダフるダフる。
そして、打ち込むことを意識すると今度はシャンクするする。

シャンク発生の原因は、「当てにいくこと」「上体が上がること」。この日は10球に1回はシャンクが発生しました。

また、ダウンブローで先にボールに当てるためにトップさせる感覚で打ちにいっても、既に習慣になってしまっているせいか、どうしてもダフってしまいます。
これまで自分で地道に練習を積み重ねてきた分だけ、体に染み付いてしまっていて、なかなかうまく当たりません。

そして今日はひたすらピッチングでダウンブローを意識しての打ち込みでレッスンが終わりました。

30球に1球くらい、ダウンブローかつきれいなスイング軌道でヒットしたことがありました。その時の音、感触は今までとは全くの別物。

ちゃんとヒットした時には、ピッチングのハーフスイングで120Yardを記録。フルスイングで135Yardがでました。

習得には地道な素振りで体で覚えるしかないとのこと。これからも地道に毎日150回のゆっくり素振りを継続させ、憧れのダウンブローマスター、しいてはスコア70台を今年中にだせるように努めていきます。

目指すはローリー・マキロイ

ライザップゴルフHPはこちら



その後のライザップゴルフ体験談>>6回目のレッスン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>