パッティングの2つのタイプについて

ゴルフはボールをカップに入れるスポーツ。
どんなプロセスで入ろうが、打数が少なければそれでよし。

1m位のショートパットでは、
打ち方は大きく以下の2つの方法に分類されるようですね。

1. コースを細かく読み、距離をピッタリに合わせる人
2. 方向をしっかり定め、まっすぐ強めに打つ人

1について
メリット:仮に入らなかった場合にも、大きくオーバーする
ことは少ないので、大事件になるリスクが少なくなります。

デメリット:弱いボールほど、傾斜の影響が出やすくなるので
正確にラインを読む力が必要になります。

2について
メリット:強めに打つことで、傾斜の影響を受けにくくなり、
方向さえ正しければ、あまり正確にラインを読まなくても(読めなくても)
カップインの確率が高くなります。

デメリット:方向を誤ると大きくオーバーする可能性があります。
そうなるとカップインのために1打余計に打つ可能性もでてきます。

僕は「2. 方向をしっかり定め、まっすぐ強めに打つ人」です。

ラインを読むのは最後は感覚的な部分に頼るため、どんなに上手くなっても
コースや天気などにより毎回変わる気がします。
それに対して、まっすぐ強めに打つのは実力が大きく影響するため、
練習次第で安定するのではと考えています。
相対的に考えると、2のほうがシンプルで、安定感が強いため
勇気をだしながら強めに打っています。

ちなみに、パットの名手 青木功さんも「2」だったようです。

ただこれは個人の好みもありますので、どちらが正解という話ではないですね。

【その他のゴルフお勧め情報】
・シンプルなゴルフをマスターしたい方はこちらへ
・少しでも早くスコアを縮めたい方はこちら
・パッティングが上手くなりたい方はこちらへ

【ランキング参加中 良かったらクリックしてください!】
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
2014年4月18日時点で男性ゴルファー第5位!
皆様からのクリックが順位を上げます。
ぜひクリックして頂けたら嬉しいです。
Golf Road to Singleの最新の順位はこちらから。


2014年4月18日時点で第32位
伸びてきました。ぜひクリックを!!
Golf Road to Singleの最新の順位はこちらから。


パッティングの2つのタイプについて」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ゴルフ上達方法の共有 2014年4月の記事アクセスランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>