コース戦略

ゴルフコース戦略 基本は手前から攻める

先日、コースを周っている時に一緒に周っているゴルフ上級者の方が
こうつぶやきました。

「しまったー。奥に乗っちゃったなー。」

僕からみると、ナイスオン。
何が不満なのか?と思い、どういう意味なのか訊いてみると、

「グリーンのどこに乗せるかで、次のパットの難易度が大きく変わる。
 上りのパットを残したいじゃない?!
 奥にいくと難しいパットが残り易いんだよね。」
とのこと。

どちらかというと、奥に向かって上りになるように設計されているグリーンが多いそうです。
なので、奥より手前につけたほうが上りが残りやすい。

よく知っているコースならいざ知らず、
知らないコースの時は手前から攻めるは基本中の基本らしいです。

そういえば、2014国内女子ツアーのヤマハレディースオープン葛城の初日
好スタートを切った2013年賞金女王の森田理香子さんも、
「このコースはグリーンの上につけるとすごく難しい。意地でもグリーン手前につけることを意識した」と言っていました。

プロは落とす位置も重要だろうなと、自分のレベルでは関係のない話と思っていました。
僕のレベルだと、グリーンにオンさえすれば、十分なレベルだと。

でも、せっかくパーオンしてもスリーパットでボギーはよく発生しています。
この辺りが次のレベルに必要な考え方なのかもしれいないですね。

基本は手前から攻める。

自分の備忘録として。

【その他のゴルフお勧め情報】
・シンプルなゴルフをマスターしたい方はこちらへ
・少しでも早くスコアを縮めたい方はこちらへ
・パッティングが上手くなりたい方はこちらへ

【ランキング参加中 良かったらクリックしてください!】
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
2014年4月23日時点で男性ゴルファー第7位!
Golf Road to Singleの最新の順位はこちらから。


2014年4月23日時点で第43位
Golf Road to Singleの最新の順位はこちらから。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>