作成者別アーカイブ: kj-harada

16回目のレッスン

ライザップゴルフ 最終16回目のレッスン 覚えておくべき個人的修正ポイント

長いようであっという間だった16回のレッスン。
当初は2ヶ月で終わる予定が4ヶ月以上かかってしまいました。(途中から週2回通うことをやめたため)

宿題の素振りをまめに続けること4ヶ月。
プロのようなダウンブローを身につけることができ、以前とは全く違うスイングに生まれ変わりました。

最終回のこの日は色々なシーンでの覚えておくべき個人的な癖を再確認しました。

【ドライバー】
バックスイングが浅いと被る

【5番ウッド】
トゥで打つことを心がけるくらいでちょうどいい
手前10cmに落とすイメージ

【5番アイアン】
左に行くときはバックスイングが浅い

【9番アイアン以下】
振り切らない
振り切りと左にいく 短くてクラブの反応がいいため

【サンドウェッジ】
足を動かす スイングを同調させていくことでまっすぐボールが飛ぶ

【パター】
フォワードプレスでパターの上にあてる
スタート1:フォロー2 位で運ぶイメージ
ちゃんとまっすぐ戻すをルーティンにつけ加える

【ラフの打ち方】
直接ボールにあてる
右足前あたりにボール置く
シャンクしないように左に振り切る

スイング改造中も何度かラウンドに行きましたが、まだベストスコア更新はならず。
最高が89。(この時点でのベストは85。目標は70台。)

最後にコーチから心からの励ましのお言葉をもらいました。
「スイングはもう70台です。これだけアイアンで飛ぶ人はいない(5アイアンで200Yard超え)。70台はもう簡単です。自信をもっていきましょう。秋が勝負です。まだこのスイングでのラウンドに慣れていないだけ。素振りとアプローチの練習だけ続けていれば、ある日すっと達成します。」

70台の壁は超えることができるのか?!
良い報告がこのブログでできるよう、ここからも精進していきます。

最後までお世話になったライザップ水

最後までお世話になったライザップ水。どうもありがとう!

ライザップゴルフHPはこちら



15回目のレッスン

ライザップゴルフ 15回目のレッスン シミュレーションラウンドレッスン

いよいよ短期レッスン残り2回。
レッスンへ通う頻度を抑えていることもあり、久々のライザップです。

先日、課された宿題から1000球のアプローチ特訓も開始しました。

この日はシミュレーションゴルフでのラウンドレッスンです。
入会時にシミュレーションゴルフでラウンドした時のスコアは、90でした。
果たして成長はしているのか!?

コーチがキャディのように使うクラブを指示してくれ、テンポよく進んでいきます。
それにしてもアイアンは良く飛ぶようになりました。コーチからもたまに驚きの声があがります。

シミュレーションゴルフは4mでパットがOKになるため、非常に難易度は低いです。一番気をつけるべきはOB。OBさえでなければ、そこそこの結果がでます。

そして、この日のスコアは・・・・

でました、79!!
※画像を撮り忘れてしまいました。。。

OBがでることもなく無事に進んでいき、シミュレーションゴルフとはいえ、初の70台がでました。

しかし、前述したようにあくまで残り4mでOKがでるシミュレーションゴルフ。本番ではこうはいきません。逆にこれだけうまくいって、ギリギリ70台というところにやはり壁の高さをしみじみと感じました。

この後は上手く打てなかった、ドライバーの練習を少し。僕の振り方だとティーアップを低くしないと芯に当たらないらしく、低く調整することができないマシーンではどうしても天ぷら気味になってしまいました。(こちらは本番時には問題ないので、気にしないことに)

ここから大事なのは素振りとアプローチ1000球の自主練習。

そして、残すレッスンはあと1回。

果たして本番環境でもビッグスコアを出すことができるのか!?
勝負の時が迫ってきています!

ライザップゴルフHPはこちら



その後のライザップゴルフ体験談>16回目のレッスンへ

ライザップゴルフ 14回目のレッスン アプローチ集中レッスン

いよいよ短期レッスンもこの日をいれて3回になりました。
あっというまに月日は流れていきます。

素振りは継続して行っており、スコアメイクに必須のアプローチをこの日は習いました。

アプローチも結局は体で覚える必要があるとのこと。
リズムを体で覚えることが、再現性にとって重要とのことでした。

ポイントとしては

両脇を締める(締めたまま)
背中で打つ
足で打つ
一定のリズム

とのことでした。
これも短期集中で沢山のボールを打つと体に染み付き、体得できるそうです。

なので、この際決めました。週に1回は1000球の打ちっぱなしに行くことに。

個人的に6月のラウンドを集大成と位置づけました。
・素振りからのスイングマスター
・短期集中大量打ちっぱなしのアプローチ

これでベストスコアへの兆しが見えない時、そのときはスコアを追い求めるのはやめます。(スコアに一喜一憂はしない、エンジョイゴルファーになります)

※この日最後にコーチと少し雑談をしていたのですが、ラウンド中に発生するシャンクについて、「左足下がり×前足下がり」はシャンクが出やすいそうです。普通に打てば必ずシャンクになると言っても過言ではないとのこと。シャンクが出やすいことを念頭におき、最初からボールから離れて打つことが重要で、それでもちゃんとボールにヒットするとのこと。次回機会があったら試して見よう。

ライザップゴルフHPはこちら



その後のライザップゴルフ体験談>15回目のレッスンへ

IMG_5943

ライザップゴルフ 13回目のレッスン ウッドの打ち方

いよいよ13回目。カウントダウンが近づいてきました。
この日はいまいち上手く打てないウッドのレッスンでした。

前回もウッドの打ち方をならったのですが
この日は集中してウッドです。

習ったことは前回同様、
・右側に落とすイメージで振る
でした。

複数のクラブを使用して練習しましたが、クラブによって打ちやすいもの、打ちにくいものがありました。
僕は顔が小ぶりなウッドが比較的うまくヒットしました。

ちゃんとヒットしたときには5Wで230Yardsを記録。
これがコンスタントにでるようになると、距離のあるコースでも戦えるようになってきます。

そのためにも素振りの継続です。
※新しく教わることは減ってきており、体で覚えるフェーズにきています。

ライザップゴルフHPはこちら




その後のライザップゴルフ体験談>14回目のレッスンへ

ゴールド木更津カントリークラブ

ゴールド木更津カントリークラブ
でラウンド。

この日は4月にも関わらずものすごい寒い日でした。まさに厳しい自然との戦いのラウンドでした。

スコア 103(パット 41)

寒さと雨のダブル攻撃で楽しむはずのゴルフがスコアも含め文字通り修行のラウンドに。

パット41が叩き過ぎ。
スリーパットが6回もでてしまいました。。グリーンが大きく、端に乗った場合は殆どがスリーパットでした。
できるだけカップに寄せるアプローチの技術とパットの技術がスコアに直結するとしみじみ感じました。

以前は50 – 100yard の距離は結構得意にしていたのですが、ライザップに通いだしてからスイングが変わり、この距離でのスイングがまだ固まっていません。
この日はシャンクは発生せず、ダウンブローでの打ち方も定着化しつつあるので、スコアアップに向けてアプローチの技術向上にすこしずつ焦点を当てていきたいと思います。

しかし、ダウンブローでのヒットは明らかに球筋が違います。
今日も一緒にラウンドしている仲間に羨望の眼差しで見られました。早くスコアにも直結するようにさせたいところです。

————-
都心からは約1時間。比較的違いゴルフ場です。
適度なアップダウンもあり、雨と寒さで非常に辛いラウンドでしたが、天気がよければ素晴らしいゴルフ場ではないかと思いました。
1ペナやプレイング4が甘かったりするので、スコアも出やすいコースかもしれないです。

ゴールド木更津カントリークラブ

〒292-1151 千葉県 君津市大野台765-2
TEL:0439-70-5111
————-

12回目_アイキャッチ

ライザップゴルフ 12回目のレッスン アプローチとウッドの打ち方

短期集中レッスンもいよいよ12回目。
本日はアプローチとウッドの打ち方を習いました。

どちらも自分のなかでは苦手にしているクラブです。
これらがスコアアップには不可欠だなと感じています。

ウッドは、400Yard近くのPar4攻略には必要なクラブですし、
アプローチはそのままスコアに直結。

ベストスコア85超えや難しいコースでも安定したスコアをだせるようになるためには、この苦手克服をしたいところです。

この日も目から鱗の連続でした。

【アプローチ】
習ったのは以下3つの打ち方です。

・サンドウェッジでの30ヤード
  上げたあとは落とすだけ。柔らかく。力入れない。上げるのは普通のスピード。

・8番アイアンでチップインを狙う転がし
 ヒール上げ。パター打ちをする。

・ピッチングでチップインを狙う転がし
 上から当てて転がす。
 横に始動すると、ヒールを上げない打ち方の場合チャックリする。
 上から当てるにはフォワードプレスで支点を変えて、上に始動するようにする。
 その後はボールに直接当てる。ダウンブローの先っぽで勢いを殺す感じ。

感想としてはやっぱりアプローチは難易度が高いということ。
しかも素振りとかではなく実際に球を打たないとうまくならないとのことでした。上手い人はこれがうまく、そしてメンタルも強いんだろうなと感じました。

【ウッド】
・右10センチ叩くイメージで振る
 ※出来るだけ体の近くを通すように。じゃないとヒールに当たる(いわゆるシャンク)

ウッドの練習で自分はまだまだスイングができあがっていないことを痛感しました。どうしても振りかぶり気味でまだ振っています。きれいに縦にクラブを落とし、インから振れた時にはものすごい違和感がありました。

これらはゆっくり素振りをまだまだする必要があるとのことでした。

素振りでも注意事項があり、
・縦に落とすようにトップから始動
・できるだけ体の近くを手が通るようにする
これがまだ体に染み付いていないみたいでした。

ちょっと打てるようになってきていたので、気を良くしていましたが習得まではまだまだ『ゆっくり素振り』が必要なようです。

再現性の高いスイングとアプローチ。
ゴルフの行き着く先はここになるんだなと改めて思いました。(あとパットもですね。)

ここからの上達は、「素振り」の継続が必須に。
ライザップに通う頻度を抑えて、素振りに集中していきます。

ライザップゴルフHPはこちら




その後のライザップゴルフ体験談>13回目のレッスンへ

勝浦東急ゴルフコース

勝浦東急ゴルフコース
でラウンド。
ライザップに通い、スコアもよくなってきたとおもいきや2回連続100を叩いてしまい、そろそろしっかりとしたスコアをだしたいところ。

スコア 98(パット 33)

3ラウンドぶりの100切り。
前半は48。2回もトリプルをだしてしまい、波に乗り切ることができませんでした。
そして、後半はビッグスコアをだしたかったのですが、+4の事件が発生してしまいました。

この日の課題はアプローチ。まだまだ寄せ切ることができていません。
ライザップゴルフでの「ゆっくり素振り」に加え、アプローチの練習がスコア向上には不可欠だなと感じたラウンドでした。

————-
都心からは約2時間弱。少々遠いですが価格は比較的リーズナブル。
コースのメンテナンスも行き届いて、気持ちよくプレーできます。
(詰めすぎということもなく、4人で2時間15分で前半は回れました)

プレイング4が少なく、若干のプレッシャーを感じることはありますが楽しくプレーすることができるコースです。

勝浦東急ゴルフコース

〒299-5241 千葉県 勝浦市松部361
TEL:0470-76-2711
————-
【ランキング参加中 良かったらクリックしてください!】
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ

キャスコ花葉CLUB 本コース2

キャスコ花葉CLUB 本コース
でラウンド。
前回のシャンク大量発生からのリベンジゴルフです。
前半は47とまあまあだったのですが、最終的には・・・

スコア 105(パット 39)

後半Par5で13打という大事件が発生してしまいました。
OB、池2回、バンカー1回、スリーパットと悪いところが全てでてしまいました。
一度タイミングが狂うと連鎖的におかしくなる。ゴルフは本当に恐ろしいスポーツです。

今回は何度かシャンクも発生してしまいました。

まだまだ練習が必要だなと痛感したラウンドでした。

————-
都心からは約1時間。渋滞の少ない千葉 東関道方面です。
基本的には会員のみのコース。今回は会員の方の同伴でラウンドさせてもらいました。

コースは狭くてトラップも大量にあり、難易度は高いです。
それでもしっかりと技術のある人は70台で回っていました。
腕に自信のある方はぜひ、挑戦してもらいたいです。
45ホールあるので、色々なコースを楽しめます。

キャスコ花葉CLUB 本コース
〒289-0107 千葉県成田市猿山1261-1
TEL:(0476)96-2231
————-
【ランキング参加中 良かったらクリックしてください!】
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ

11回目アイキャッチ

ライザップゴルフ 11回目のレッスン 様々なライでのボールの捌き方

だいぶダウンブローのヒット率もあがってきた短期レッスン終盤の11回目。
レッスン前のウォーミングアップでもナイスショットが結構高い確率ででるようになりました。

それでもスコアアップにはまだまだ小技がほしいところ。

本日のレッスンは『ボールの捌き方』と称して、

1.足場の悪いライのときの打ち方
2.簡単なアプローチ

を教わりました。

ライは大きく分けて、1前足上がり、2前足下がり、3左足上がり、4左足下がりの4パターンがあります。
基本として大切なポイントが『ベタ足 手打ち』で打つとのこと。

「ちゃんとスイングできるときはいいですが、そうではない時にはフルスイングするのではなく、手打ちで振ってください。それでもちゃんと当たればそれなりに飛びます。」
とのこと。

そして、番手を2つあげて振るのがいいとのことでした。

ベタ足、手打ちのポイントは膝を落として、動かさないこと。
そして、コンパクトに担ぐところまで振り切る。
そうすることで、比較的飛距離もキープでき、安定した方向に飛ばすことができいます。

手打ちで打ってみると5番アイアンで150から160Yardsの飛距離でした。
ライが悪いところではこれくらい飛べば確かに十分。このあたりはコースマネジメントも重要になってくるなと感じました。

その後、先日のラウンドでも課題だと感じたアプローチを教わりました。

どうしても、シャンクが怖くなってきたので、前回教わった打ち方に追加してこの日はウェッジを使った転がしかたを習いました。
「先に当てる感じで、最後にしっかり返すようにフォローしながら振るとシャンクは起きません。」
やってみると確かに気持ちよくボールにヒットする。

ふわっと打ちたいときと転がしたいときで打ち方をかえ、今後は使い分けていきます。

ところで、上手い人と回るときれいにキュキュッと止まるアプローチを打つ人がいます。
「あれが打ちたいんですけど」
と伝えると、
「あれはフェースに乗っかる時間を増やすように打つ必要があります。短いアプローチで狙うとミスの確率が高いですよ。」
とのこと。確かに数回練習してみたが、大事件になる可能性を秘めている打ち方でした。

とりあえず、アプローチでのバックスピンは当面諦めることにしました。

まずは安定したスコアを目指し、シンプルなゴルフを追求していきます。

ライザップゴルフHPはこちら



その後のライザップゴルフ体験談>12回目のレッスンへ

相模湖カントリークラブ_アイキャッチ

相模湖カントリークラブ

相模湖カントリークラブ

でラウンド。

ライザップでの調子もでてきたので、このまま一気に駆け上がりたいところでしたが、世の中そんなに甘くは行きませんでした。

スコア 102(パット 38)

前半途中で、3連続パーがでるなどベストスコア更新すらも意識してしまったのですが、トリプル以上の事件が5回も発生してしまいました。

発生した事件は、

前半
7 左足下がり7番アイアンでシャンクが発生し、OB
8 アプローチウェッジ前足下がりでシャンクが発生

後半
1 30Yardsのアプローチでシャンクが発生し2打無駄に
7 上りパットを無理して決めにいき、スーパー下りが残り4パット
8 2打目OB、5打目ダフリで大事件

それでも見事なダウンブロー炸裂も何回かあり、今後への手応えはあり。
アンギュレーションに応じてのダウンブローの打ち方を工夫する必要があると分かったことが本日の収穫でした。

————-
都心から約50分。
藤野駅から送迎バスもあるので、電車でいくこともできるのがすごく魅力的。
グリーンが多少難しく感じましたが、アプローチの練習場も充実していて素敵なコースです。
相模湖カントリークラブ

〒252-0186 神奈川県相模原市緑区牧野14342
TEL:042-689-2931
————-