ゴルフ始めたばかりのころにレッスンで教えてもらったこと

こちらの記事に書いたように、
僕もゴルフを始めた一番最初だけ8回コースのレッスンに通いました。

ただ、集団レッスンだったこともあり、教えてもらう時間が少なかったり、
「何か毎回言うことが違うなー」と思うこともしばしばあり、
継続しませんでした。

その後、教材を使い自分で学びながら練習するようになりました。

ただ、今振り返ると教えてくれていた内容が何となく分かる気がします。
あー、こういうことだったんだなと。

その時言われていたことは以下です。

スイングについて
・トップに上げるとき、右肘は体の線からでない
・トップに上げるとき上唇と顎が左肩につくように
・右肘を支点に上げる (一回止めるのもあり)
・手は上下 腰は左右
・トップの位置の才 右肘と胸が90°
・フォロー左肘と胸が90° 肘も90°に曲がる
・V字を意識してスイングする
・外へ 上に持っていく
・引っ張らない
・左手、左肘を閉じる
・フォローの時にクラブのヘッドは回らない
・スイングの際に手首を早めに返す
 (持ち方がしっかりしていれば真っすぐ飛ぶ)
・顔を残す

ダフリの原因
・体の上下で起こる

トップの原因
・腕がのびていない

グリップについて
・左の親指 1時
・右の親指 11時
・指で持つ 手のひらで持たない
・右手は上から
・親指根元から11時
・人差し指ナックルが見えるように

飛距離を出すために
・右足は少し開く
・腰を回す 腰の捻転力で飛ばす
・右肘を上げる
・内股に力を入れる
・トップのさい、足の付け根を深くいれる

パットについて
・左目あたりにボールを置く
・手は伸ばす

アプローチについて
・右目にボールをおく
・手は真ん中
 ※数字が大きいクラブほど右側にボールを置く
・フォローも手首を締める
・左に行く時は体が残っていない時

始めたばかりの頃に矢継ぎ早に色々教わったので、
自分の中で消化しきれなかったことも、
レッスンに対していい印象を持てなかった理由のひとつかもしれないですね。

最近意識しているのは腰を切り下半身で振ること1点のみ。
あまり、沢山のことを考えると体が動かなくなりますからね。

スイングする時に考えるのは、1つか2つまでにしています。

【その他のゴルフお勧め情報】
シンプルなゴルフをマスターしたい方はこちらへ

少しでも早くスコアを縮めたい方はこちら

パッティングが上手くなりたい方はこちらへ

【ランキング参加中 良かったらクリックしてください!】
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


ゴルフ始めたばかりのころにレッスンで教えてもらったこと」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: ゴルフ100切り達成するために (100切りまでを振り返る) | Golf Road to Single

  2. ピンバック: ゴルフ上達方法の共有 2014年4月の記事アクセスランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>