月別アーカイブ: 2017年1月

ライザップゴルフ宿題

ライザップゴルフ 宿題と入会後の練習グッズ

ライザップゴルフに入会し、支払いが完了すると宿題に使うゴルフグッズが郵送されてきました。

それなりに大きい

それなりに大きい

なんでこんなに大きいのかと早速開けてみました。

中身

中身

以下のものがダンボールの中にきれいに収納されていました。
2W実戦練習マット

パターマット パッティングを教えます。

ダイヤモデルグリップ401

ダイヤスイング525

スマホザウルス

これらを使って、これから練習に勤しみます。

参考までに前回のレッスンから課して頂いた現在の宿題「トップまでの右足一本ドリル 100回」はこちらです。

(部屋着で恥ずかしいですが)地味にこちらを毎日行っています。
100回/日 行っていますがこれが結構大変です。20回くらいやると汗がでてきます。

宿題を毎日継続させるポイントは朝に行うこと。朝だと元気よく邪魔も入らず実践できます。
夜行うにすると、飲み会が入ったり、ものすごく疲れてしまっていたりすると結局寝てしまったりと継続できなくなったりします。
その点朝だと起きてさえしまえば、あとはガッツでどうとでもなります。

20年前の部活を思いだしながら、短期集中レッスン後の自分を想像しながら、毎日宿題も楽しんでいます。

ライザップゴルフHPはこちらから



その後のライザップゴルフ体験談>>2回めのレッスン

初回有料レッスンアイキャッチ

ライザップ ゴルフ 初めての有料レッスン体験<驚きと感動・飛距離アップ編>

前回記載したレッスン料金を振込み、いよいよ有料レッスンの開始。
事前準備とかあるかもしれないため、予約していた時間よりも早めにライザップゴルフ六本木店に行きました。

スタジオが空いていればすぐ通してくれるそうなのですが、この日は生憎の満室。
当日でも事前に連絡をくれればひとつ前の時間を予約しておくとのこと。予約などしない場合は10分前程度に来ればいいとのことでした。

受付をよくみるとこんなものが。

なにやら体につける磁石

なにやら体につける磁石


左の黒いのが10,800円で、右の赤いのが14,040円。
さすがなんでも営業チャンスにするなーと、ライザップにはいつも感心させられます。

着替えを済ませ、スタジオに入り、いつもどおりのライザップ水をみながら心を落ち着かせます。

今日も元気にライザップ水

今日も元気にライザップ水

準備運動をしておいてくださいとのことだったので、軽くストレッチをしたあとに、おもむろに練習打ちを開始しました。

相変わらず飛ばないドライバー。200Yard行くか、行かないか。本当かなぁ、と心の底からマシーンを疑うようになってきました。

そんなこんなで少しすると、コーチがきました。

「早速ですが、いきなり今日からドライバーで行きますよ!」

おぉー、そう来るか。
どんなレッスンが始まるのか、高揚感を隠しきれませんでした。

レッスンの開始は、とある質問から始まりました。
「飛ばすためにはどこで力をいれればいいか、わかりますか?」

ん?力を入れる?むしろ力を入れないように意識をしているので、質問に対する答えがでてきません。

「んー、そうですね、力というかなんというか」
歯切れの悪い回答をしていると質問が変わりました。

「スイングのスピードは何処で最大になればいいですか?」

まあ普通に考えれば当たる瞬間だろうと、クラブを振りながら
「このあたりですかね」と答えると、

「そうですね、では、そのあたりを最大にするためにはどこで力をいれればいいですか?」

力は入れないんだけどなーと思いながら考えていると
「スイングの前半ですか?スイングの後半ですか?」
と質問されました。

これまでの独学で、フォローをしっかりとることがスイングスピードにつながり、前半でスピードを出そうとすると実際のインパクトの瞬間では疲れてしまって遅くなるときいていたので、
「スイングの後半ですね」と自信をもって答えました。

すると一瞬でこれまでの常識が覆されました。

「それは、半分本当なのですが、半分嘘なんですね。スイングで力をいれるのは切り返しの直後です。」






「なに?!」

ここから一人でたどり着くことのできない境地のオンパレードが始まりました。

本日習ったことは

・体の右側で力を入れる
・体の右側でリリースする
・トップで力を抜く
・ゆっくりバックスイングをする必要はない
・頭を残す
・前傾姿勢を残す
・膝を蹴る
・バックスイング時、ドライバーはアップライトにせずフラットスイングでスイングプレーンにのる(これは身長によっても違うと思います)

でした。
どれもひとりの練習では一生気づかないことばかり。

当然ですが、いきなり体は思い通りに動きません。

それでも、ちょっと小手先で変えただけで驚くべき効果が!

そう、いままで200Yard前後だったのが、少し変えただけで想像以上に飛ぶ飛ぶ。

この日の飛距離

この日の飛距離


なんと、本日の最大で244Yardまで飛びました。(機械はコーチと共謀しているのではないかと疑うくらい分かりやすく効果のでる数字ばかりでてくるようになりました。)

目の前で自分のスイングの動画がみれるのですが、たしかにスイングが変わっています。

本日習ったことが実現できるようになるとこの姿勢ができあがるそうです。

松山選手1

松山選手1


松山選手2

松山選手2


facebook 松山英樹応援ページより https://www.facebook.com/HidekiMatsuyamaFan/ 

いつも雑誌などをみていて、自分はこうなっていないなーとことごとく思っていたこの「頭を残してのスイング」。今日はこれになるための道筋が示された気がしました。

コーチの口からも、練習中に
「まだ手打ちの今日の段階でこれだけ飛ぶんだから、もっといけそうですね。」
など、心踊るワードがどんどん飛び出してきました。
こうなると、ダメ出し全てが伸び代に聞こえるため、ダメ出しが嬉しくなってきます。

気分もどんどん高まってきました。

僕:「いやー、これはすごいですね。根本が変わりますよ。僕はマキロイと誕生日が同じでマキロイのスイングにいつも憧れているんですね。マキロイのスイングも確かに頭が残ってこんな感じなんですよね。だけど全然できなくて。」

参考までにマキロイのスイング動画。
Rory McIlroy’s Excellent Golf Shots 2016 WGC Dell Match Play PGA Tournament

いつもほれぼれしながらみている。

ぽろっと話したこの後に、とんでもなくハートに火がつくセリフがコーチから飛び出しました。

「マキロイは本当にやばいですよね。(でもこれだけすぐに飛ぶようになるセンスのあるあなただったら ※言ってはいない。そう聞こえた気がしただけ)2年レッスンすればなれますよ。





なんと!
お金で買えるのか?!あのスイングが!

最後に最も本質的な言葉で今日は終わりました。

「急に変化することはないんですね。ちょっとずつちょっとずつ変化していくんです。1日1mm変われば十分なんです。体で覚えるとはそういうことなんですよね。」

この小手先のテクニックではない感じが、成長に向けて非常に真実味を帯びていました。

次回のレッスンまでに1日1時間程度の宿題がでました。

・トップまでの右足一本ドリル 100回
・よこ飛び 100回

今後、こちらを地道にこなしていきます。

今日だけで大きく効果を感じたライザップゴルフ。

僕は既に声を大にして言いたい。

「ライザップゴルフは本気のゴルファーにお薦めです」

ライザップゴルフHPはこちらから



その後のライザップゴルフ体験談>>宿題と練習器具

ライザップゴルフ六本木

ライザップゴルフ六本木 料金とレッスン開始前の実力テスト体験

先日入会することを決めたライザップゴルフ。
※ライザップゴルフ無料カウンセリングの様子はこちら

本日は電話で入会の意志を伝えから初めての訪問になりました。

無料カウンセリング時はスケジュールの都合上三田店に行ったのですが、職場や家の都合上、実際に通うのは六本木店にしました。

ライザップゴルフ六本木入り口1

ライザップゴルフ六本木入り口1


ライザップゴルフ六本木入り口2

ライザップゴルフ六本木入り口2

なんとなく、三田店の方が高級感があったなぁ、などと思いながら扉をあけ中に入ります。
中は土足厳禁となっており、すぐスリッパに履き替えです。

中に入ってすぐ

右側にスリッパ

まだ正式な入会手続きが完了していないため、初めに契約関連の説明です。

広告とかWEBとかみていると、2ヶ月 298,000円〜 みたいに書いてあると思うのですが、
ライザップゴルフ料金

実際の見積もりはこちら。

実際のライザップゴルフの料金

実際のライザップゴルフの料金

入会金50,000円と消費税が追加され、2ヶ月で375,840円に。
ほとんど、40万円だなぁ。恐るべしは消費税。恐るべしは小さく書いてある入会金。
※ちなみに、この入会金はライザップグループへの入会金です。
ほかにもある、ライザップダイエット
ライザップイングリッシュにも入会する場合は払う必要がなくなります。

また、結果にコミットのライザップでは、30日間全額返金保証がありますが、こちらを申請する場合、現時点では全てのライザップサービスへの入会や再入会ができなくなるとの説明もありました。

しかし、嬉しいことにレッスンスタジオが空いていれば、いつでも個人練習に来てもいいそうです。寒い冬にはインドアレッスンは非常に助かります。この2ヶ月は打ちっぱなしに行く時間を減らし、こちらで練習しようと思います。

そんなこんなで契約関連の手続きを済ませて、実際のレッスンスタジオに入りました。

三田店とほぼ同じ充実したレッスンスタジオ。

ライザップ六本木インドアレッスンスタジオ

ライザップ六本木インドアレッスンスタジオ


こちらも同じ

こちらも同じ

お決まりのライザップ水。
そして、なんとトレーニングウェアも貸してくれました。
ライザップ六本木トレーニングウェア
本当に手ぶらでこれるなーと改めて行き届いたサービスに感動しました。

今日はまだレッスン開始ではなく、シミュレーションゴルフを活用した現時点での実力診断の日でした。

今日は用意して頂いたクラブで18ラウンドを回ります。

クラブはオノフ

クラブはオノフ。TaylorMadeはない。

自分の普段使用しているメーカーとは違うため、ちょっと気になったのですが、
「ゴルフは使用しているツールも含めて技術ですからね。自分に合うクラブを探すことも大事です。ライザップではツールの診断も行っています。」
とのことでした。

ちょっぴりゴルフクラブの営業も入ってるなーと思いながらも、「そうですか」と軽く受け流しておきました。

そして、簡単にウォーミングアップをした後に、シミュレーションゴルフとの勝負が始まりました。

前回と同様にあんまりドライバーは飛ばなかったりはしましたが(本当かなぁと非常に不服ではありましたが)、現実のゴルフと違い、いつも平坦な場所でライも難しくなったりしないので、気楽に打っていきました。

すると、Parがでるでる。4m以内でOKもでるため、スコアが簡単に伸びていきました。※前半は40でした。

「なんだ、簡単だなー、これで100切りは余裕でしょうに」、思っていたところ、シミュレーションゴルフならではのトラップが。

なんとシミュレーションゴルフは非常にOBに厳しいことが判明しました。ちょっとフェアウェイから外れる位の(個人的な感覚ですが)ミスショットで次々にOBに。
結局6回位OBをだしてしまい、終わってみれば後半は50、トータル90という結果でした。
Parかトリプルボギーかそれ以上か。そんな出入りの激しいゴルフとなりました。

レッスン前のスコア

レッスン前のスコア


今日はレッスンなどはないため、あとは少しコーチの方と談笑して終了となりました。

少しだけ僕のスイングについて訊くと、
「あなたのスイングはちょっと打ち込み過ぎですね。なので長いクラブだとてんぷら気味になることはないですか?」
とのことでした。

「全てのクラブで同じように振ると教えている教材とかあるかもしれませんが、あれは嘘ですよ。ライ角が違うのだから同じように振っていいわけないじゃないですか。」

なるほど。確かにこれまでの僕はシンプルなゴルフを目指していたので、できるだけ同じようにスイングすることを心がけていました。100切りを目指すレッスンとそれ以上を目指すレッスンでは考え方を変える必要もあるのかなと感じました。(個人的には100切りレベルまでなら、同じスイングでもいい気はしています。)

そしてこの後、本格レッスン開始前の本日で最もハートに火がつくセリフがコーチから飛び出しました。

「あなたのスイングは全然力を発揮できていませんね。7割くらいですよ。」






「なに?!」

普通なら、けなされていると感じ怒りすら覚えることがありそうな言葉でしたが、妙にポテンシャルを褒められた気がしてしまい、なおかつ伸び代しかないのではないかと、不覚にも非常にワクワクしてしまいました。

「まだ飛距離は伸びるということですね?」

「間違いなく伸びますね、20から30Yardは伸びますよ。」





なんと!

「まずは本質的なスイング改造をしていきましょう。スコアだけを追い求めるならアプローチの練習をいっぱいすればいいんですよ。でもせっかく短期集中でやるのだから、将来を見据えた本格的な改善をしていきましょう。ゴルフが変わりますよ。この金額は全然安いと思いますよ。」

この人はなぜ、僕が追い求めていることを知っているのだろう。
そう僕がほしいのはあの次元の違う領域の人たちのスイングと球筋。

俄然やる気になり帰路につきました。

さあ、20年ぶりの部活動的なノリがいよいよ始まります。
次の領域に進むことは果たしてできるのか?!

ライザップゴルフHPはこちらから

その後のライザップゴルフ体験談>>初めての有料レッスン

ライザップゴルフ無料カウンセリング

ライザップ ゴルフ 無料カウンセリング体験談<結果にコミットの真相>

2016年前半までは順調に成長していたゴルフのスコア。

2回連続の80台がでたときには、ひとつの壁を超えた感じがしました。

しかし、中盤から後半にかけて、100を叩くこともでてきたり、OB連発の事件が発生したりと大きな壁に当たりました。
もちろん良いスコアの時もあるのでスランプとまではいかないのですが、明らかに成長スピードが落ちてきました。

アベレージで90前半で回れるようにもなり、ここから先のレベルには、(残念ながら同じ練習の延長で成長できるほどの才能はなかったようで)かなりの投資、覚悟、継続練習が必要なのではと最近常に考えるようになりました。

スコアを気にしないエンジョイゴルファーになるか
スコアを追い求めるアスリートゴルファーになるか

とうとう、その選択をする時が来た気がしています。

そんなときに良く目にするライザップゴルフの広告。


PCを開けばしつこく広告に追いかけられ続け、常に洗脳され続けること数ヶ月、一度短期集中してレッスンを受けてみようかなという気にだんだんなってきました。

そして、まずはサイトに記載のあった『無料カウンセリング』に行ってみました。

無料カウンセリングに選んだのは三田店。(希望の時間で空いているのがたまたまここだった)

1_ライザップ無料カウンセリング
2_ライザップ無料カウンセリング

3_ライザップ無料カウンセリング

4_ライザップ無料カウンセリング
なんか外からみるだけで溢れ出す、高級感。
こころなしか表札にも後光がさしているように感じる。

受付を済まして、カウンセリングルームに入りました。
5_ライザップ無料カウンセリング
最初にライザップのお水をもらい、まずはアンケート用紙への記入からスタートです。

・ゴルフ歴
・ゴルフスコア
・ゴルフの目的
・目標
・使っているクラブ

など、細かく記載します。

今年の僕の目標は

・ベスグロ70台(1回だけでもだしたい!)
・ハーフベスト30台(まずはハーフで30台がでないとどうしようもない!)
・アベレージ80台(もう90のボギーペースとサヨナラしたい!)

です。

こちらのアンケートをもとにカウンセリング(というなの営業)をしてもらいました。

最初にライザップの理念から説明を受けました。
そして見やすいスライドとともにライザップのプログラムの特徴や内容を説明してくれました。これまでゴルフを中心に生活をしてきたと思われるコーチの方が、法人の提案営業に近い手法で説明をしてくることに、ライザップの行き届いた教育の凄さを少し垣間みた気がします。

その後、移動し、実際のインドアレッスンの部屋に入りました。

6_ライザップ無料カウンセリング

7_ライザップ無料カウンセリング

8_ライザップ無料カウンセリング
ここにもライザップのお水。
最新の設備が整ったきれいで高級感あふれるインドアレッスンスタジオです。

まずは少し、準備運動をし、軽く試しを打ちをしたあとに実際の実力チェックにうつります。
・ドライバー
・200Y
・150Y
・100Y
・60Y
・30Y
・パッティング長め
・パッティング短め
を3球ずつうち、レベル確認を行いました。こちらの結果をもとに、アンケートの時に記載した目標達成までにどのくらいの期間が必要かを教えてくれます。

僕の結果は、ドライバーとパットはいまいちでしたが、その他のアイアンはかなりの高スコアがでました。(ドライバーはほんとうにイマイチでした。200Yも飛ばず。むしろスプーンの方が飛んだ位でした。ほんとうなのかなぁと機械に対して疑念を抱くほど不本意でした。)

そして、でてきた70台をだすために必要なレッスン期間は





『3ヶ月』
とのことでした。

ちょっと営業目的もあるから1ヶ月増えてない?と思いながらも一旦はこの結果を受け入れました。
※ちなみに入会するとスコアのBefore/Afterを測定するのですが、測定はシミュレーションゴルフで行うとのことでした。本番ラウンドは気候の変化などもあるため成長の正確性がわかりずらいとのこと。少し弱気な「結果にコミット」だなぁと正直感じてしまいました。

そして、再度またプログラムについて、説明を受けカウンセリングは終了となりました。

実際のプログラムの内容は

・週2回 1回50分のレッスン
・受講生に合わせた(おそらく大量と思われる)宿題
・日々のコーチとのきめ細かいやり取り

です。

入会すると、
・パターマット
・短い素振り用のクラブ
・録画用のスタンド
・スイング用のマット
がもらえるそうです。


成長を目指すとき、必ずでてくる「質と量」という言葉。

今回の感想は、「当たり前のことをちゃんとさせるプログラム」なんだなということでした。宿題も大量だろうし、こんだけ練習するならうまくなるだろうと思い、一旦入会は辞めておこうかなと思いました。僕は比較的自分で決めたことをコツコツ努力できるタイプなので、「無理矢理にでも継続できるように支える」は特に必要としません。

そんなことを考えていた時に、コーチから次のような言葉でてきました。

「レッスンすると面白いですよ。ボールの感触や飛び方、ゴルフそのものの感覚が変わってきます」





「なに?!」

そうこの言葉が僕のハートに火をつけました。

過去に、体育会ゴルフ部だった人やクラブチャンピオンの人とラウンドしたことがありますが、はっきりいってゴルフそのものが僕と違いました。ボールの当たる音、飛び方、まさに次元の違いを感じるとともに、個人の練習の延長であそこまでは行ける気は全くしませんでした。

「あの領域にいくことができるのだろうか?!」
一度あちら側にいくことができれば、その後のゴルフライフはきっと大きく変わるに違いありません。そして、行くなら早ければ早いほどいいのではないか?!そして、今は真冬(2017年1月)。短期集中するなら今しかないのではないか?

そんなことを考えながら結論をだしました。

そう僕は決めました。ライザップ ゴルフに行くことを。

まずは2ヶ月間、ライザップを盲信し、トライしてみます。(3ヶ月はさすがにしない)

ゴルフを本格開始して5年目。次元の違うあちら側に行くことはできるのか? 今からとてもワクワクしています。

ライザップ ゴルフHPはこちらから

その後のライザップゴルフ体験談>レッスン前のスコア診断へ